*平常心を身につけるために

読書が進みます...
電車を利用するようになったからこそでもありますが
子育てが一区切りし、気持ちに余裕が持てるようになったことが大きいのかな...
それほど家族のマネジメントは負担が大きいのですね~しみじみ

電車内の場合は、特に平易なものに限る!
東大卒の僧侶、小池龍之介さんの著書をここのところ数冊...
「平常心のレッスン」は
穏やかに生きるための心構えが説かれている


自分の感情はあって当然
だけれど、これに振り回されない状態=平常心(グラウンディングとも)に持っていくことって
なかなか難しく、浮いたり、沈んだり...それにともない考えこみ過ぎる....
瞑想やヨガが良いとわかっていても
なかなか取り組めないし、うまくできなかったりしますしね....

そんなことはおかまいなしに
生きている限り、良いことも、願わないこともやってくる
だからこそ、苦をやり過ごして、成長していけるよう
穏やかに生きる術を身につけていくことは大切です

いいことばかり起こっていたら、人はやっぱり傲慢だったり無知になってしまうでしょうしね...

平常心を身につけるためには
ヨガ、瞑想...そして
アロマもその一つ。

是非暮らしのエッセンスとして、アロマを気楽に活用してくださいね。
それだけで明日が、未来が変わってきますので^^





テンションのあがり幅が大きいほど、次はドーンとしずむもの、
喜びや感動を受け昇っていきやすい人
またそれを話したくてしょうがないというタイプの方は、しずむ幅も大きくなりがち。
是非ご一読を!

平常心のレッスン (朝日新書)
朝日新聞出版
小池龍之介
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 平常心のレッスン (朝日新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック