*好ましい出来事を起こすために

ここのところ進めている学習の中で出会った理論に

とても好ましいものを感じました。

スタンフォード大学 クランボルツ教授が提唱した

「計画的偶発性の概念」




  偶然に起きる予期せぬ出来事からも

  自分のキャリアは形成され開発されるものである。
 

  自分にとって好ましい偶然の出来事が

  より起り易いように

  日頃から能動的な行動パターンをとっていることが大切である。

  
  そのためには

     「好奇心」、「楽感性」、「冒険心」、「柔軟性」
   

  この5つの要素が重要である。







今の状態にモヤッとしたものを感じている方は

早速心がけてみてはいかがでしょう...



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック