*アラビア×フィンランド陶芸展へ

岐阜県現代陶芸美術館(多治見市)にて

 アラビア×フィンランド陶芸
  -北欧モダンデザインの変遷-

鑑賞してまいりました。
http://www.cpm-gifu.jp/museum/tenraninfo/03_2main.html

ちなみに入り口で出迎えてくれたのは「ムーミン」^^

そこから
1873年ヘルシンキのアラビア地区にて創業した
北欧を代表する陶磁器メーカー「アラビア窯」の

初期から現在の製品まで80点ほど
アラビア窯の歴史が展観されていました。

画像


家の中で過ごす時間が長い北欧の暮らしを彩る器たちは
一見クールに取り澄ましたようですが
実は作り手のぬくもりが凝縮されている....

機能性の高さと、日常使いにしたくなる温かさ
日本での北欧ブームも納得します。


興味深かったのが、フィンランド陶芸と日本とのつながりを示す
白山窯G型しょうゆさし.
そして
デザイナーマッティ・ピューコと多治見陶磁器卸商業協同組合の
コラボレーションによりうまれた強化磁器食器 ”イン・ジ・エア” の展示。

 ”イン・ジ・エア”は 給食用食器として作られたもので
人をモチーフにしたイラストが配われ
そのデザインに子供たちへの温かいまなざしが
わたしには感じられました。
給食がより美味しく楽しくなりそうな予感....!
これで給食をいただける多治見市の子供たち...幸せです。




ご一緒してくれたYちゃんは、北欧で一年くらしていた方。
デザイナーの名をみて、その特徴を教えてくれたり
アラビアのB品を買いに行った話しをしてくれたり....

こうして北欧に思い馳せるうち、
ふと香りが浮かんできました。
 樹木の香り、そこに何だかわからないほどほんのりと
 スパイスを利かせ、それを支える土の香り....

頭の中でグルグルし始めしました。
早速、創香しなくては。



美しいもの、思いのこもったものに触れることは
今では欠かせない楽しみ... そして
創造の源となっていきます。





Yちゃん、楽しく素敵なひとときをありがとう。








この記事へのコメント

Dwight1992
2012年10月07日 05:58
偉大なポスト。次のものを:)幸運を読むために待つことができない

この記事へのトラックバック