精油研究の第一線☆

抗菌アロマセラピーを提唱していらっしゃる
井上重治先生(帝京大学医真菌研究センター)の
抗真菌作用に効果的なアロマについての研究発表を拝聴しました。

真菌=カビです、真菌のよる病気は水虫やたむしなど。
カビによる病気は症状が消えたように見えても
その真菌は胞子へと形状を変化させ、皮膚の中でしぶとく生き続け、
発症を繰り返します。

この真菌に対して高い抗菌作用をを示す精油が「ティートリー」とは
アロマ業界ではよく知られていますが
ティートリーより さらにさらに効果の高い精油の発表がありました。


真菌による病変の方のご家族の感染予防に、アロマスプレーを用いたり、
高齢者の方、お風呂に入ることができない病気の方には
それらの適切な濃度の精油を入れた足浴をしていけば、
まんべんなく塗布され、完治に向うことができる!!
このアロマ足浴の普及をさせたいと井上先生は話されていました。



「経験医学には誤りがない」と言われますが、
こうした確かな効果が実証されていくことは
アロマを伝えていく上でとても心強いもの
日本はこのアロマ、精油研究が最も盛んな国になりました。
ますますお伝えしていくことが楽しくなりそうです

ご一緒していただいたAyako先生と
会場近くのcafe mariでプチランチ、美味しかったね。
ありがとう
画像






この記事へのコメント

Madam-Ayako
2008年09月15日 11:34
シュクレさんこんにちは。先日は楽しかったですね♪美味しいランチ、内容の濃いセミナー、アロマの会話、本当に充実した1日となりました。またぜひご一緒して下さいね!
2008年09月15日 20:15
Ayako先生
こんにちは!こちらこそ素敵な一日になり、ありがとうございました♪ Ayako 先生のご活躍はいつも私の励みになっています。そして一緒にアロマを楽しむ機会をもっと持てるといいな~と願っています。たのしい企画もしたいですね!是非よろしくお願いします(^ ^)/

この記事へのトラックバック